+06.com mtb freeride

link wallpaper report blog trick bike +06 mtb freeride about
Page 1  2  3

去年までCYCLE STYLEだったイベントが、
2005年からCYCLE MODEとなり、イベント会場も大阪ドームから
インテックス大阪へ変更となりました。
2006年モデルの自転車が広い会場で一気に試乗できるチャンスとあって、
体感した感じでは去年より人口密度が1.5倍くらい居た気がします。

会場が広くなっても人が多くなって乗りづらかったら意味無いよ…(^^;


このインテックス大阪、中が倉庫のような雰囲気で照明が暗く、
写真があまり撮れなかったので、
今回は本当に気になったものしか載せていません。

GTのラッカスUF。
一番最初に試乗したバイクです。
この金ピカフレームがめちゃカッコイイ!

シングルスピード、クロモリフレーム、3pcクランクってな構成。
まさにストリートの本気バイクですな。

フロントはそこそこに上げやすく、
乗り味はそんなに重たい感じではありませんでした。
まぁ一番重さを感じやすいバニーホップをやっていないので
なんともいえないんですが…

値段は8.3万くらいでそこそこ頑張ってる。
この金色が日本人に受けるかどうかがネックですが、私は好きです(笑)

SPECIALIZED P-3。
ご存知26インチプレイバイクの元祖といわれてるシリーズの
フラッグシップモデルですな。

さすがPシリーズだけあって、今回乗った中では一番乗りやすかったです。
フロントも素直に上がってくれるし、新しくなったフレーム形状も近くで見ると
なかなかカッコイイ。
カラーも渋くていいです。

あとは値段…(ちなみに26万円)

UnAuthorizedの完成車として発表されたECSTACY。
プロの方が組んだ、実際に使用されているバイクが持ち込まれてました。
フレーム重量1.8キロ、路線はK2 pushシリーズと同じようですな。

カタログからpushシリーズが消えたようなので、
こちら側に入れ替わったようです。
果たしてpushの素直で軽い乗り味は生きているのか?
去年までのイベントからの最大の進化は、おそらくコレです。
BMXやトラ車専用の試乗スペースが用意されていたんです!
アクション自転車でただフラットな路面を走るだけ、ってのは
本当にアホらしかったですからね。
まぁ今回のもプレイバイクはここには入れなかったみたいなんですが…

んでまぁ、上手い方たちがここで遊んでたりして、
このスペースを眺めてるだけでも十分楽しめました。
写真はカタヤマサイクルさんのサポートライダーの方のジャンプ。
写真では低いですが、本当はもっと高く跳びながらひねりを入れてて、
メチャメチャカッコよかったです。
これ確か2年前のCYCLE STYLEにも展示されてたんですが、
以前の銀から黄色になってちょっとカッコよくなりましたね。
ますます迫力が増してカッコイイ!

まぁ、MTBとして、ではなくオフロードバイクみたいな雰囲気がカッコイイんですが。
ちょっとゴツくしすぎじゃないか…?
こちらはCANNONDALEのChaseについていたチェーンガード。
フロントのチェーンリングをまるまる覆ってしまうタイプで、
これでもか!ってくらい太い。

これなら泥も入らないし、グラインドもしやすいですわな。
重たそうだけど…


次ページへ>>
Page 1  2  3
Produced By Ryuta [rk@plus06.com]